みんなに聞いた育毛方法

私の考える育毛方法について

wp02a
高校生の頃は、髪の毛は多すぎて逆に困るほどありました。しかし、30歳を超えた頃より、急に髪の毛の脱毛が多くなり、このままでは、禿げてしまうのではないかと思うほどになりました。
そこで、まず髪の毛の血行を良くする育毛剤を試したのですが、途中で面倒くさくなり止めてしまいました。頭皮の血行を良くするために、くしなどで頭をポンポンたたいたりもしてたのですが、あまり効果はなかったです。ネットで調べると、ミノキシジルが育毛に良いみたいでした。

そこで、ミノキシジルを含んでいるリアップのシャンプーを使い、頭皮の余計な脂分を出来るだけ取り、その後リアップを頭につけてました。頭にある余計な脂分が毛根をふさぎ、毛根に栄養が行かなくなり、毛根にダメージをあたえ、それが脱毛の原因になるとネットに載ってました。ですから出来るだけ頭皮を清潔に保ち、リアップも続けています。それが良いのかは分かりませんが、脱毛が少なくなったような気がします。

睡眠時間帯も髪の成長に関わっている

睡眠時間帯も髪の成長に関わっている睡眠時間をしっかり取ることは大切ですが寝る時間帯も肝心です。
研究によると午後9時頃は毛母細胞が最も活発に分裂するようです。そして午後10時から午前2時の時間帯に髪がよく成長するようです。この時間内にノンレム睡眠に入っておくなら髪の成長を助ける成長ホルモンが分泌されます。髪に良いだけでなく肌の老化予防にもなることからこの時間帯は「ゴールデンタイム」とも呼ばれています。睡眠時間も最低でも6時間は必要です。睡眠不足が続くと抜け毛の原因と言われているストレスがたまり免疫力が落ちてきます。また毛母細胞の分裂も妨げ血流も悪くなるので髪の成長を妨げてしまうのです。睡眠をしっかり取った翌朝は目覚めも良く心身ともに良好になり、髪の成長も促進されます。睡眠量と時間帯は髪の健康と密接に関わっているので薄毛抜け毛予防のためにも睡眠時間を十分に取り、夜更かしを避けましょう。

質の良い睡眠を得るために

午後から夕方にかけて軽い運動をしておくなら寝つきが良くなります。就寝前に軽いストレッチ運動が適切です。寝る前のアルコール、カフェイン、喫煙は控えましょう。睡眠の質を低下させる原因になりえます。入浴は就寝の2,3時間前までに済ませておきましょう。入浴直後は交感神経が刺激されているので寝つきを妨げてしまうからです。騒音のない場所、暗い照明、室温など適切な睡眠環境を整えることも大切です。

No comments

The comments are closed.